見出し画像

「デザインだけではない」踏み込んだ提案で企業を支えるWebデザイナー

LANCER UNIT / ランサーユニット

こんにちは。LANCER UNIT(ランサーユニット)note編集部です。

シリーズでお届けしている、ランサーユニットで活躍中のクリエイターインタビュー。今回ご紹介するのは、Webデザイナーの中村さゆきさんです。

UXライターでもある中村さんは、「ウェブ解析士」の資格を取得するなどマーケティングの知識も豊富。プロダクトのUXライティング、Webディレクションやロゴデザイン制作など、仕事は多岐にわたります。
自らを「ハマりやすい」と語る性格によって、女性ならではのライフステージの変化も軽やかに捉え、しっかりと実績を積み上げています。これまでの道のりをどう歩んでこられたのか、その思いも含めてお話を伺いました。

Webデザイナー/中村さゆきさん
Webデザイナー 中村さゆきさん

ー 自己紹介と、ご経歴を簡単にお願いします

中村さゆきと申します。
フリーランスでWebデザインやライティングをやっていて、4年目になります。

経歴としては、いろいろたどって今ここまで来たというかたちで。
大学を卒業して新卒で入ったのは素材メーカーで、人事採用や労務に携わっていました。その後退職して地元に戻り、日本土産のコンセプトショップを開業したんです。商店街に店を構え、ECサイトと並行して経営していました。

結婚することになったとき、パートナーが海外へ異動になりまして。それを機にお店を閉めて、中国で専業主婦として生活していました。
出産を経て、帰国後にデジタルハリウッドSTUDIOの『Webデザイナー専攻 主婦・ママクラス』で1年ほど勉強を。在学時から少しお仕事をやらせていただいていましたが、卒業してフリーランスとして活動しています。

ー いろいろなご経験がありますね。Webデザインを学ぼうと思ったきっかけを伺えますか?

実は瞬間的なきっかけがあったわけではなくて、学びたいという思いは前々からありました。
もともと自分でサイト運営をしていたことが大きかったですね。中国でも「中国で生活するには」というブログを立ち上げ、趣味程度ですがWebサイトを作っていました。

そんな背景から、きちんとデザインの勉強をしたいという思いがありました。でも当初は「これで稼ごう」というほどの気持ちはなかったんです。専業主婦で小さい子どももいましたし。自分でホームページを作れるようになったらいいな、という程度のモチベーションで始めました。

でも私、どんどんのめり込んでしまうタイプなんです。
それに、Webデザインを始めてすごく世界が広がったんです。自分のなかで「見つけた」という感覚があり、「もっとできるようになりたい、仕事としてもやってみたい」と膨らんでいきました。

ハマりやすいんですよね。もうそこから突っ走ったという感じです。周りは巻き込まれてしまって、大変だったかもしれません(笑)

Webデザイナー/中村さゆきさん

ー 素材メーカー勤務やショップ運営などの経験が今につながっていることもありますか?

経歴がポイントになってお仕事に結びつくことはよくあります。素材メーカーで勤怠・労務に携わっていたことから、同業種のWebやシステムのデザイン案件でお声がけいただきます。
ユーザーの気持ちを理解できると思っていただけるんでしょうね。

また、コンセプトショップ運営はとても大きな経験です。
本当に毎日毎日、数値を追って改善をしていました。ボタンの位置や言葉を変え、クリックひとつでどれだけコンバージョンが変わるのかなど、すごく細かく。売上げが生活に直結する危機感から、本気度が違いましたね(笑)

その当事者意識を持った経験は差別化になっていると思います。経営者であれば「どれだけこのWebで成果を上げられるのか」ということを常に頭に置いているはずですし、ただデザインするだけでなくプラスアルファの施策やヒントがほしいことも、実感として理解できます。

私のクライアントにはスタートアップの企業さまもいらっしゃって、忙しい社長さんにはWebを更新する時間などありません。
もちろん、デザイナーとしては「更新しながら、こうしていきましょう」とシステマティックな話をしますが、現実的には難しいことも知っています。

そういうご苦労が分かるので、そのうえで一歩踏み込んだ提案をするように心がけています。ちょっとしたお節介ですけど、求められていることを提供できていると思っていますね。

ー 「ウェブ解析士」やUXライティングなどの知識を身につけているのも過去の経験からですか?

ECサイトを運用していたとき、「ウェブ解析士」の方に改善していただいた体験があるんです。デザイナーでもこの知識は必要だと感じて資格を取りました。
最低限のマーケティング用語など、共通言語として知っておかないとコミュニケーションが取りにくい部分もありますし。

デザイナーでも、押さえておくべき数値を理解しているほうが効果は高いと思います。マーケターやディレクターを間に挟まなくても、クライアントから聞いた情報を自分でデザインに落とし込めるのは私の強みかもしれません。

UXライティングは、Webデザインをするなかでその存在を知りました。
リスティング広告のテキスト制作をご依頼いただいたことがあって、そこから勉強し始めたんです。
Webページは8割が文字情報と言われますし、UI・UXの観点でもデザインとテキストの関係は切っても切り離せないと常々思っていて。

例えばお問い合わせフォームを制作する場合、デザイナーが名前や住所など必要な項目を入れていきますよね。UXライティングを勉強してからは、意識がとても変わりました。
「本当に必要な項目は何か?」「必須条件は?」「順番は?」「エラーメッセージはどのタイミングで出す?」
ユーザーが違和感なく送信ボタンを押すための動線を細かく考えるようになって、すごくデザインに活かせていますね。

Webデザイナー/中村さゆきさん

ー 中村さんが得意とすること、お仕事で心がけている点などを教えてください

得意なことは、クライアントのご要望を直接伺ってまとめることでしょうか。ですので、ディレクションに近い案件も多いです。
公開して終わりではなく、ずっとお付き合いを続けていくこと。それは私にとってもクライアントにとっても、とても大切なことだと考えています。

そういった継続した関係のクライアントがほとんどですが、そのなかで、ご依頼いただくこと以上の提案を心がけています。お願いされたことをやるのは当たり前だと思っていて。

Webサイトって、公開するだけでは充分な効果を発揮できないじゃないですか。「こういう改善をしませんか」「その後いかがですか?」など、こちらから踏み込むことを意識しています。ずっと寄り添っていくことは大事ですよね。作っただけでは誰にも見てもらえないですし、育てていかないと。

ー 新規案件の獲得はどういったルートが多いのですか?

圧倒的にご紹介が多いです。特に、新しくWebサイトを作った後ですね。
おそらくクライアント自身がWebサイトの立ち上げを広めているのだと思います。その後で「同業で作りたい人がいるんだけど」というお話をよくいただきます。

Web制作の仲間からのつながりでいただくお仕事もたくさんあります。周りには活躍しているWebデザイナーが多く、皆さんとても忙しそうで。
お互い助け合いながら仕事をしています。

もちろんランサーユニットからの案件も多いです。やはり安心感はありますね。初めてのクライアントはコミュニケーションに気をつかうので、私のことをある程度知ってくださっているのは助かります。
今は営業せずともお仕事をいただけている状態ですので、本当にありがたいと思っています。

ー ランサーユニットで印象的なできごとはありますか?

ほとんどがトラブルなく納品までスムーズで、業務内容のお話ではないのですが…

私には今0歳の赤ちゃんがいるんですけど、出産予定ギリギリまでランサーユニットに参加していました。そのとき思った以上に体が動かなくて、お仕事の話が届いても手があげられない状態で。

私を含め3名のユニットでしたから他の2人が稼働してくださって滞りなく進みましたが、せっかく選んでいただいたのに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
ランサーユニットのスタッフの方に事情を話してメンバーのシャッフルをお願いしたらすぐに対応してくださり、安心しました。

複数のメンバーがいると、一人が動けなくてもきちんとお仕事が進行することを実感しましたし、改めてユニットを組み直せるのもランサーユニットならではの利点だと感じました。
とても印象に残っているできごとですね。

Webデザイナー/中村さゆきさん

ー ランサーユニットの魅力をどう感じていますか?

フリーランス側で言うと「守られている」ことが非常に大きいです。
「初めまして」から信頼関係を作るのはとても時間のかかることだと思います。フリーランスの立場って、やはり弱いですから。
ランサーユニットがクリエイターの背景をきちんと伝え、最初にひとつの信頼感を築いてくれます。これはすごいメリットです。

企業側としては、人選や見積りを取るための手間を省けることだと思います。ここをランサーユニットにお願いすることで、その時間と工数をクオリティアップのために注げるはずです。
リソースが足りなくて忙しい企業さまに、ぜひご活用いただきたいサービスだと思っています。

ランサーユニットからは、まさに私が得意で実績のある案件をご紹介いただくんです。お仕事がスタートしてもスムーズですし、きちんと調整して齟齬のないクライアントとつなげていただいていると感じますね。

ー ありがとうございます。中村さんのこれからの展望をお聞かせください

今後も目の前にあるお仕事に対してきっちり成果を出して、積み重ねていきたい、ということがいちばんです。
大きな展望だとか、正直そんなにありません。企業さまと緩やかに関わりながら、たくさんの貢献をしていきたい。

私は今まで、結婚や出産などライフステージの変化によって自分の経歴に一貫性を持たせられなかったことをコンプレックスに感じていました。
「デザイナー歴10年です」という方に引け目を感じることもありましたし、マイナスな気持ちを持っていました。

でもここ最近、ようやく「あ、つながってきた」という感覚があって。
いろいろな組織に関わって広い分野でお役に立てるかも、という私なりのかたちが見えてきました。もう今はポジティブに捉えられていますね。

もしかしたら今後も変化があるかもしれません。でも、それも楽しんでいきたい。振り返ってみると、その都度自分が楽しそうだなと思う方向を選択してきて、今がある気がします。
苦労してつらかった時期もあったはずなのですが、今振り返るとどんなことも楽しめていたし、大体なんとかなってきたというか(笑)

これからもアグレッシブに学ぶことを続けて、まだ私が知らない世界を見ていきたいと思っています。好奇心が旺盛なんです。このお仕事、すごく楽しい(笑)

ー 最後に、ランサーユニット導入を検討中の企業さまへ、ひとことお願いします

繰り返しになりますが、忙しい、リソースが足りない、そんな企業さまはぜひ導入をご検討いただきたいです。採用を含めて、やはり人選というのはとても大変だと思います。

ランサーユニットにはマルチなスキルを持つクリエイターがたくさん在籍していて、一緒にお仕事をすると私自身も「このメンバーさん、すごいな」と思う人ばかりです。
成果物のクオリティは担保されていると思いますよ。ぜひ導入して、気軽にお仕事をご依頼いただけたらうれしいです。

Webデザイナー/中村さゆきさん

LANCER UNIT(ランサーユニット)は、デジタルハリウッド株式会社が運営している、プロのクリエイターを複数人選し継続的にクリエイティブ制作を発注できるサービスです。noteを通じて、LANCER UNITのサービスを導入している企業さまやクリエイターの皆さんへのインタビュー、クリエイターに役立つ記事をお届けしています。

取材・文/BBQ-john.inc 篠田由美子

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ランサーユニットのサービス内容やデザインのコツなどをTwitterで発信しています。

LANCER UNIT / ランサーユニット
LANCER UNITは、プロのクリエイターを複数選んで案件を発注することができる企業向けのサービスです|専属コーディネーターが9万人以上の登録クリエイターの中から、案件に適した人材(1ユニット最大3名まで)をご紹介します|ユニット内の人材の入れ替えも可能です