見出し画像

コミュニケーションから「伝える」デザインへ。多様な経験を活かしたWebデザイナーが語る「やりがい」とは?

こんにちは。LANCER UNIT(ランサーユニット)note編集部です。

ランサーユニットで活躍するクリエイターのインタビュー。今回ご紹介するのは、和裁士から事務職を経て、フリーランスのWebデザイナーへと転身を遂げた、異色の経歴を持つ金子紗由美さんです。

努力を重ねながら、クリエイターとしてのお仕事を着実に増やしています。金子さんの仕事に対するスタンスや、やりがいについてじっくりとお話を伺いました。

Webデザイナー/金子紗由美さん

ー 最初に自己紹介と、ご自身の得意とすることを教えていただけますか?

神奈川県横浜市でフリーのWebデザイナーとして活動しております、金子紗由美と申します。
以前は着物を縫う和裁士というお仕事をしていて、その後事務職を経験しましたが、より専門性を身につけたいと思い、退職後にデジタルハリウッドの専門スクールでWebデザインの勉強をしました。

今はフリーランスとしてお仕事をさせていただいております。主にWebサイトやLPのデザインとコーディング、バナー制作などをしていて、名刺やパンフレットといった印刷物のデザインも行なっています。
一見してわかりやすい、やわらかな印象のデザインが強みです。和裁をやっていた経験から、和風のデザインも得意です。

あとは、Webサイトやパンフレットに載せる文章のライティングもしています。お客さまから原稿が支給される場合には、より伝わりやすい表現になるようご相談させていただきながら文章を工夫することも多いです。

ー いつもお仕事はどのようなルートで受けているのですか?

ランサーユニットや求人サイトなどが中心です。ただ、ありがたいことに一度お仕事を依頼してくださった企業さんに継続してお話をいただくことが多いので、今はご縁のあった企業さんから広がったお仕事がいちばん多くなっています。

求人サイトで応募した制作会社さんからのご依頼が、フリーランスとして最初のお仕事でした。「不定期だけど、仕事があったら回すよ」とおっしゃっていただけて。そこから今もおつき合いが続いています。
Webサイトのページ追加からはじまったのですが、また別のクライアントの案件も発注してくださるようになりました。いろいろなお仕事を経験させていただけて、本当にありがたいと思っています。

Webデザイナー/金子紗由美さん

ー 信頼を得てご縁がつながっているんですね。
お仕事を受けるうえでは、どんなことを心がけていますか?

誰が見ても迷わない、わかりやすい導線のデザインにしようと努めています。文章を「読むこと」は意外とパワーが必要ですので、アイコンやイラスト、写真などをうまく活用して、読ませるよりも「ぱっと見で理解できる、入ってくるデザイン」を目指しています。

あとは、コミュニケーションですね。お客さまを不安にさせないように、レスポンス良く対応することを心がけています。誰が聞いてもわかりやすい言葉で話すことだったり、聞き返す必要がないようにメールやチャットを送ることも気をつけていますね。
やり取りにも時間を割いていただいているので、必要なことをできるだけ簡潔に確認し合えるように、と考えています。

例えば修正指示をいただいたときもそのまま修正するのではなく、「どういう目的をもって」「何を達成したくて」その指示をくださったのかを考えるようにしています。
「目的」に合わせて最適な表現を考えたなかで、場合によってはお客さまと少し違う見解のご提案をさせていただくこともあります。ですが、そういうときは「必ずというわけではないですが、プロとしての一意見です」というような言葉を添えて、お客さまに自分の考えを押しつけすぎないよう気をつけています。

この辺りは会社員時代の事務職の経験が活きているかもしれません。社会性を身につけることができたというか。
お客さまにも「やり取りしやすいです」と言っていただくことが多くて。そこを学んだうえでフリーランスになったのは、よかったなと思っています。

ー お仕事をしているなかで、強く印象に残っていることありますか?

感謝の言葉をいただくことが、いつも本当にうれしいですね。「金子さんじゃなかったらこんなに素敵に仕上がらなかった」「金子さんとはやりやすい」みたいにおっしゃってもらえると、作業中でもPCの前で一人ガッツポーズです(笑)

納品した後で「これも頼みたいんだけど...」というようにお仕事がつながっていくことも多くて、そんなときは「また一緒に仕事をしたい」と思っていただけたんだな、可能性を信じてもらえているんだなと、すごくやりがいを感じます。

ー それとは逆に、大変だと思うことはありますか?

基本的に、お仕事をいただけるだけでとてもありがたくて。楽しく作業しているので、大変だと思ったことは特にないですね。仮にこれから大変なことがあったとしても、「チャンスをいただけた!」と前向きに捉えられる気がしています。

今は感謝の言葉をいただけたときにいちばんやりがいを感じているので、そういうときは多少疲れていてもすぐに「次もがんばろう!」とエネルギーが湧いてきます。

Webデザイナー/金子紗由美さん

ー ランサーユニットはいつから利用されていて、どんなお仕事を受けているのかお伺いできますか?

ランサーユニットを知った最初のきっかけは、xWORKS(エックスワークス)からのメールでした。利用してもうすぐ1年になりますが、登録からわりとすぐに2件ほど決まりましたね。
今は契約している企業さんが3社になりましたが、すべて継続してお仕事をいただいています。

バナー制作からはじまった企業さんにも、LPやパンフレット制作までご依頼していただけるようになりました。
徐々に責任の重い案件を振ってもらえるようになって、着実にお仕事が増えています。まじめにがんばってきてよかったと感じています。

ー エリアが異なる企業さんもいらっしゃいますか?

ご契約いただいた3社目は関西エリアにあります。直接お会いしたことはないのですが、Zoomで顔を合わせることもできるので、問題なくやり取りできています。
もともと他のお仕事もほぼリモートなので特に不安に感じることはないですね。

Zoomでは画面共有もできますし、ChatworkやSlackのやり取りはお互いに落ち着いた状態で見返すことができるので、逆にいいなとも思っています。
サービスを現地で体験してから進めるような案件ではない限り、オンラインで同じ画面を見ながら会話できるので、多くのお仕事は意外とリモートでも対応できるものだなと感じています。

ー ランサーユニットの魅力はどんなところに感じていますか?

私自身は人と話すことが好きなほうですが、Webクリエイターを目指す方って営業が苦手な方もそれなりに多いと思うんです。
ランサーユニットはデジタルハリウッドというクリエイター養成のプロが、自分の特性や経験に合ったお仕事を選んで紹介してくれるのでありがたいです。報酬が未払いになる不安も少ないですし。

企業さんにとっても、フリーランスが音信不通になるとか逃げてしまうということはないので安心感がありますよね。お互いに「安心」できる、そんなメリットがあると思います。

Webデザイナー/金子紗由美さん

ー 金子さんのこれからの展望を聞かせていただけますか?

今いただいているお仕事をしながら、よりお客さまにご満足いただくためのクオリティアップも続けたいと思っています。
こういう業界は技術やツール、デザインのトレンドも含めて目まぐるしく更新されていきますし、常に新しい情報を得ていかないと時代遅れになってしまうので、ずっと勉強は続けていくつもりです。

今後もWebサイト制作にいちばん力を入れていきたいですが、さまざまなニーズに応えられるよう、いつかは動画制作などWeb全般なんでもできるようになりたいと考えています。

ー ありがとうございます。
最後に、ランサーユニットの導入を検討されている企業さまにメッセージをお願いします

正直、制作費が安いこともあってクラウドソーシングを選ぶ企業さんもいらっしゃると思うんです。でもクラウドソーシングだと、過去の作品とフリーランス個人からの主観的なアピールしか判断材料がないですよね。

ランサーユニットの場合は、デジタルハリウッド側で客観視したクリエイターの性格や特徴、スキルをもとにメンバーを提案してくれますから、その人の「本当のところ」を知ったうえでクリエイターを選べると思います。
それに、継続して依頼するクリエイターを見つけられれば、毎回探したり説明したりする手間もないですし。

また、ランサーユニットに登録しているクリエイターは基本的にデジタルハリウッドの卒業生ですので、身元が知れていてリスクの少ない点でもかなりメリットなんじゃないかなと思っています。

Webデザイナー/金子紗由美さん

LANCER UNIT(ランサーユニット)は、デジタルハリウッド株式会社が運営している、プロのクリエイターを複数人選し継続的にクリエイティブ制作を発注できるサービスです。noteを通じて、LANCER UNITのサービスを導入している企業さまやクリエイターの皆さんへのインタビュー、クリエイターに役立つ記事をお届けしています。

取材・文/BBQ-john.inc 篠田由美子

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ランサーユニットのサービス内容やデザインのコツなどをTwitterで発信しています。